これなら痩せる!挫折なしのダイエット法

ダイエットと言えば運動ですよね。ランニングしてみたりダンスやヨガで体を動かしたり、でも続かない方も多いと思います。私自身も春になると痩せるために運動をし始めますが、少し暑くなる時期にやめてしまってました。やっぱり面倒くさくて続かないんですよね。そこで考えたのが、今の生活環境を変える事なく、すでにある生活の中にダイエットできる要素を組み込んでみようという事でした。これなら負担なくきっと体が変わってくるはずですので試してみてください。

食事法を変える

お腹が空いていると、どうしてもご飯を掻きこんで食べたくなります。それを防ぐために食前に水を飲むようにします。少しは空腹感が満たされると思います。小さな事ですが「チリも積もれば」です。続ければ大きな差になってきます。

次は、食べる順番です。通常お肉や魚を初めに食べると思いますが、最初に野菜を食べるようにしてください。これには大きな意味があります。お肉や魚、ご飯を食べると血糖値が一気に上昇します。そして同時にインスリンが分泌されます。このインスリンには脂肪の分解を抑制する働きがあるので、一気に血糖値を上げる行為は極力抑えなければなりません。ですので「水を飲み、次に野菜を食べる」この順番を守って食事をしてください。野菜には血糖値を上がりにくくする働きがありますので、インスリンの分泌を抑える事ができます。これだけでもダイエットには効果があります。面倒くさがりでもできるはずです。

また、それと同時にしてほしいのが、良く噛んで食べる事です。咀嚼回数を増やすだけで早く満腹感を得る事ができます。普段よりも少し多く噛むくらいでも食べる量が効果が減ってきますので、是非してみてください。

チョコレートも使える

チョコレートは高カロリーでダイエット中は食べられないと思っている方もいるかと思いますが、むしろダイエット中には食べてほしい食べ物です。ただし条件があり、それはカカオ70%以上が含まれているものです。70%以上のカカオは正直言って苦いです。普段の甘いものとは違いますので、好んでは食べたくないと思いますが、食前に食べてください。このチョコレート効果は消化や吸収が緩やかになるので、満腹感を長く得る事ができます。要は食べる量を減らせるので、自然と痩せるようになります。ただし、チョコレート自体は高カロリーである事は間違いありませんので、食べすぎには注意が必要です。

寝る前のはちみつで寝ながら痩せられる

ダイエット中は「寝る前に食べる」、決してしてはいけない事ですよね。ですが、面倒くさがりははちみつは寝る前に食べてください。はちみつを食べる事によって成長ホルモンが分泌され、寝ている間も脂肪燃焼させてくれます。一般に夜寝ている間は痩せないと思われがちですが、寝ている間も脂肪は燃焼しています。ただ単にその量が少ないだけなんです。その量をはちみつで増やせればありがたいですよね。簡単にできる事なので、まさに面倒くさがりのためのダイエット法です。

寝る前のはちみつにはビタミンB群やミネラルなどで、美肌効果もありますので合わせて覚えておいてください。

睡眠は大事!時間を誤ると痩せない!?

ダイエットはきつい運動や食事制限で行うものと思いがちですが、実は睡眠も大きな役割を果たしていますので、紹介していきます。今は遅くまでスマートフォンを触ったり、テレビを見たりで寝る時間も遅い人が増えていますが、ダイエットを考えている人にはオススメできません。なぜなら、痩せる働きのある成長ホルモンが多く分泌されるのは午後10時から午前2時の間だからです。痩せるためにはこの時間には寝ていたいのです。

また、このタイミングで寝る事ができれば代謝が良くなるだけでなく、美肌効果もありますので、はちみつを食べて午後10時までにはお布団に入れれば理想的なダイエットができますね。欲を言うなら、リラックスして睡眠をとれるように、アロマを楽しむのも手です。良質な睡眠をすればするほど成長ホルモンの分泌が増えますので、枕元にアロマポットを置いたり香り袋をしのばせたりして、眠りにも気を配ってください。ここまですれば、きっとダイエットに成功します。

You may also like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です